つまったダイエットは危険?!


これはうちの旦那の身のつまったダイエットの話。

今から一年前、1週間で痩せたダイエット。
ダイエット前の週から旦那は、結構な量の夕食を毎晩食べる。それから2~3日便秘が続く。
「ストレスで食べすぎるのか、それとも、ストレスで便が出ないのか、そこが謎。」
まさに、シェークスピアのハムレットさながらの問題であったが、
たいして気にせず、さらに夕飯のドカ食いからのダイエット週間に突入。

ダイエット1日目。食べるとすぐ嘔吐。お腹の張り具合が半端ない。
ダイエット2日目。嘔吐のせいで食欲不振。水分補給のみ。
ダイエット3日目。病院に駆け込む。診察の結果、「便秘」と診断される。注1.
夜、処方された薬を飲み、1時間ほどで腸が動き出す。
ダイエット4日目。排便。小食にする。嘔吐なし。
ダイエット5日目。排便。断食のような状態だったため、小食になる。
ダイエット6日目。排便。張っていたお腹が平らになる。
ダイエット7日目。ズボンが緩い。見るからに細くなる。
ダイエット終了。

注1.診断前に重い病気かもしれないと大袈裟に騒いだ旦那に対して、診断後どう対応したらいいか分からず微妙な空気が流れる。
便秘を馬鹿にするつもりはないが、(便秘という言葉が)もうちょっと渋い病気の名前であれば良かったのにと思った。

終了後の感想
当たり前と言えば当たり前であるが、下が詰まると、上から入れても入らないということだ。
それから、排便だけで体重が減り、見た目もスッキリしたのには驚いた。

これはダイエットと言えるか?
私個人の答えはNOである。ただの病気だ。
けれど、その頃ダイエットをしたいと言っていた旦那にしてみれば、棚ぼたのダイエットだったのだろう。
1年後、普通にリバウンドしているし、誰も真似したくもないだろう。
ただ、個人差もあると思うが、体重計で排便前と後で体重を量ると100~200gの差が出るので、
体重を量る時は、排便後がおすすめである。(痩せた気分が一瞬だけど味わえる。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です