結局は。


ダイエットに関しての関心は、ここ最近は大体の人が関心を持っているし、
女性に関しては感心の中心昨今は女性だけではなく男性にも健康志向なダイエット派だけでなく、
自分の見た目を気にする男性も多くなってきており子供の肥満にまで感心はどこまでも及んでいる。

ダイエットに関しての本、雑誌の特集、ネットの記事、凄く短いスパンで様々な種類のダイエット方が生まれては流行って、
しばらくするとなんとなく忘れられて風化していく・・の繰り返しだ。

だけど、ダイエットというか減量は結局は何をしても痩せる。
ものすごい極論だけどどんな方法を使っても痩せる、ダイエットのゴールは体重を目標まで減らすということ。

人それぞれ体質や体形、性格が違うので痩せていく速度やどんな風に痩せていくかは人の数だけ千差万別だろうとは思うけれど、どんな方法でも痩せる。
ゴールまでの速度が様々なだけに途中で挫折したりあきちゃったりするのでゴールまでたどり着けないだけだ。

よほど自分に合わない方法を使わない限りある程度の結果は出せるに違いない、
そしてその後、その体重を維持していく生活習慣を自分の物にできるのかがとても重要になるということ。
目標体重まで頑張って到達したとしてもその後、太ってしまった習慣を再開したらまた少しづつ増量してしまうことになってしまうからだ。

そこから考えるとダイエットというのは、痩せる習慣、太らない習慣を死ぬまで続けていくということだなと、最近うっすら気づいてきたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です